味噌作り お勧め仕込容器

味噌を仕込む容器は下記の写真の様な物が適切です。

DSCF0007.JPG
カメで仕込む場合は寸胴の物がお勧めです。真ん中が膨らんだ物は仕込みにくく天地返しの際も不便です。
DSCF0010.JPG
ポリ樽は格安で購入できお勧めです。
回転CIMG1669.JPG
木樽は風情があり昔は味噌の仕込みと言ったら殆どが木樽でした。但し現在では木樽を作る職人が少なく価格は高価です。
CIMG1676.JPG
お勧めは密封ポリ容器です。上記の3種類の容器は必ず落し蓋をして重石を掛ける作業が必要です。味噌は空気と接する事により空気中の雑菌に犯させるリスクがあります。従って重石をしてたまりを上げることによってカビを防ぐ役割を重しがしてくれます。しかし、密封容器の場合は空気と触れる確立が低いので空気中からカビの進入を防いでくれています。(カビを完全に防いでくれるわけでは御座いません)従って当店の経験上、密封容器が味噌の仕込にはお勧めです。
但し、最終的には仕込み容器もお客様の判断ですので長年使い慣れた容器で上手く味噌が出来上がっていればそれがベストです。
Calendar
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
search this site.
archives
recent comment
others
admin