金山寺用のなすの漬け方

よくお客様に金山寺用のなすの漬け方を聞かれます。
下記を参考にしてください。

CIMG2398.JPG
ナスを刻む
CIMG2401.JPG
塩を振るなす20本で手のひら一杯程度
CIMG2402.JPG
ミョウバンを入れるとナスの色が落ちません(ミョウバンは好みで使わなくてもOK)
CIMG2405.JPG
塩が行き渡るようまんべんなく混ぜ合わせる。
CIMG2403.JPG
重石をする。(1日程度で水が上がってきますがあがらない場合は重しを増やす)
CIMG2410.JPG
1週間後
CIMG2414.JPG
きれいな色に漬かったらOK
CIMG2417.JPG
ナスを搾る
CIMG2421.JPG
ナスを搾って直ぐに金山寺を仕込んでもOKですが少し日に当てることで水分が蒸発しますので
日に当てることをお勧めします。尚、大量にナスを漬けた場合はそのままカラカラにして置けば
日持ちもして次回に使う時に水に戻して使用可能です。
最後に当店のナスの漬け方は代々伝わった方法ですのであくまでも参考にしてください。ナスの漬け方はミョウバンの取り扱い説明書にも必ず書いてありますのでそちらを参考にしていただいてもかまいません。また、ナスの漬け方についてのご質問、お問い合わせはご遠慮ください。また、当店のナスの漬け方で旨く漬からなかった場合でも当店では一切責任は負えませんのであくまでも参考としてください。
Calendar
<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
search this site.
archives
recent comment
others
admin